流れの可視化を主テーマに開発された可視化ソフト CAE Visualizer、進化しつづけるCAEシーンを華麗に演出する汎用ポストの全てをご覧下さい。
Copyright(C) 2010 Malloc Code Corporation. All right reserved
 
 トップページ>>CAE Visualizer >>可視化法>>流線の可視化法
 
 

流線の可視化法

 可視化ソフトCAE Visualizer で使用している流線の可視化法を紹介します。

  ・可視化の最小要素       :




  ・可視化用のカラーテーブル :











  ・可視化プログラミングの指針:




粒子状の流線を可視化したい場合は、OpenGLのglutSolidSphere関数を使用します。 線状の流線を可視化したい場合は、OpenGLに用意されている GL_LINES を使用します。


可視化する最小要素を塗りつぶすためには、カラーテーブルが必要になります。具体的には次のような関数をプログラムで用意します。

  入力        出力
変数の値 :  色(r,g,b) の値 

変数の最大値 VALmax → 赤 r=1 g=0 b=0
変数の最小値 VALmin  → 青 r=0 g=0 b=1



流線の可視化プログラミングの要点を次に紹介します。

@流線の開始点における速度成分の値を求めます(任意の地点で速度成分が求まる関数を用意すべき)。

A現在地点からΔt秒後の位置を@の速度成分を使って求めます(陽的手法)。 この時Δtは、デフォルト処理としては次のようにして求めています(ユーザーの任意指定可能)。

Δt=領域内の最小格子サイズ/ 領域内の平均速度の0.1倍

B以下@Aを繰り返し、流線が領域外に 出る場合、作画は終了。








 
Serch Engine
Google
サイト内を検索  Google全体を検索
Yahoo! JAPAN
 
Inner Links
 

 
 
 
■可視化できる数値データのフォーマット

  数値データ

  形状 データ

  STLファイルのフォーマット

■可視化機能

  コンターの可視化

  ベクトルの可視化

  流線の可視化

  等値面の可視化







 
Copyright(C) 2010 Malloc Code Corporation. All right reserved