汎用可視化ソフトVisualizer Pro、進化しつづけるCAEシーンを華麗に演出する多彩な可視化機能の全てをご覧下さい。
Copyright(C) 2010 Malloc Code Corporation. All right reserved
 
 トップページ >>Visualizer Pro>>サポート
 
 

可視化ソフトVisualizer Pro:サポート内容

可視化ソフトVisualizer Pro のサポート内容
無償サポート内容

・メールによる問い合わせ:ソフト開発技術者によるメールによる技術サポート提供
   
メールでの無料サポートを下記のアドレスにておこなっています。
使用上、ご不明な点などありましたら、ユーザーIDをご明記の上、このアドレスまでお問い合わせください。

  

なお、メールでの無料サポートは、原則として最新バージョンについてのみおこなっております。
ただし、購入後3ヶ月以内のユーザーは、無条件にメールでの無料サポートを受けることができます。

・最新情報の案内メール

・その他:既存変換ツール等の無償提供




有償サポート内容

・データ変換サービス(有償か無償かは応相談)
・データ変換インターフェイスの作成(有償か無償かは応相談)
・流体解析の委託
・GUI(プリ・ポスト)のカスタマイズ




●PHOENICSユーザーの方へ

PHOENICSの形状データを読み込むためには、形状データをstl形式に変換する必要があります。
変換には、以下の変換君をダウンロードしてご利用ください。

●国土地理院数値地形図データのSTL変換について

以下の変換君をダウンロードしてご利用ください。

変換君 Version1.0

●Fortranで作成したplot3d用のunformatted形式のバイナリファイルの読み込みに関して

Fortranのunformattedバイナリ出力では、厳密に意図したフォーマットで出力できません。
例えば、次のコードで出力されたファイルをバイナリエディタで見てみると、
write(81) 40,40,3

次のようになります(4byte、signed表示の状態)。
12 40 40 3
となります。

つまり、データのブロックの先頭にその後に続くデータの合計のバイト数が勝手に付加されてしまいます。
上記の例では、4byte * 3 = 12byte が勝手に付加されています。
C言語で出力したバイナリファイルには、このような問題は生じません。

上記のような理由で、Fortranで作成したバイナリのデータをVisualizerで読み込みたい場合は、次のサンプルプログラムようにC++等を利用して、 上記のようなデータブロック先頭の余分なヘッダを出力しないようにする必要があります。

サンプルコード

サンプルコードの概要:Fortran側を親にして、C++側をサブルーチン化し、ファイル出力はC++側に任せています。 このようにするとFortranコード主体でバイナリファイルの出力が可能になります。
(動作確認環境:visual studio2008 professinal 版+ visual studioプラグイン版のintel visual fortran)





 
Serch Engine
Google
サイト内を検索  Google全体を検索
Yahoo! JAPAN
 
Inner Links
 

■汎用可視化ソフトVisualizer Pro
■流れの可視化ソフトCAE Visualizer
 


 
■可視化できる数値データのフォーマット

  数値データ

  形状 データ

  STLファイルのフォーマット

■可視化機能

  コンターの可視化

  ベクトルの可視化

  流線の可視化

  等値面の可視化







 
Copyright(C) 2010 Malloc Code Corporation. All right reserved